風俗通いが妻にバレた

凄腕。彼女にぴったりの愛称です

まさに「凄腕」と呼ぶに相応しい風俗嬢でした。彼女は見た目からはそこまでエロさは感じない風俗嬢だったんですよね。それがです。蓋を開けてみたらあれだけ凄いことになっているとは思わないじゃないですか。それだけでもこっちからすれば相当な衝撃なんです。それで自分でもビビった部分はありますよね(笑)男がどういったプレイが好きなのかだけじゃなく、どこを刺激するとどういった反応をするのか、すべてわかっていたんじゃないですかね(笑)だからすべての攻撃がピンポイントだったんです。あれだけでも感動したんですけど、さらには彼女はじっくりと攻めるんです。だから途中でプレイが途切れないんですよ。淡々と任務をこなしているかのように、常にこちらを刺激してくれたのもあって、ずっと高い快感を得られていたんじゃないかなって思いますし、それだけのことを楽しめたので本当に興奮しました。あれだけのテクニシャンとの時間はやっぱりいいものだなと。

風俗が何よりの時間なんです

風俗での時間こそ、何よりの時間だと考えています。仕事は自分の意志と言えば意思ですけど、積極的な意思というよりも生活のためには仕方ないことじゃないですか(苦笑)仕事をしなくとも遊んで暮らせるような財力があれば誰もが仕事なんてしないというか、少なくとも自分は仕事なんてしないですよね。でも現実的にはそんな訳には行きません。だからこそ、時には自分の意志で楽しいこともしたいじゃないですか。それが風俗なんですよ(笑)風俗で遊んでいる時だけは、自分自身、前向きな気持ちになれるような気がするんですよね。誰と遊ぼうとか、オプションはどうしようとか好奇心が刺激されて自ずとポジティブな自分になっているんですよ(笑)これって何気にとっても素晴らしいことなんじゃないのかなって思うんですよね。仕事であればそんなことは出来ないというか、難しいじゃないですか。でも風俗ではそれを追求して楽しめるんです。そのおかげでつい楽しみたくなるんです。