風俗通いが妻にバレた

足というパーツへの思い

足が綺麗な風俗嬢、大好きです。細長いということじゃなく、肌の綺麗さですね。今の風俗嬢は細くて長い脚の子なんて珍しくないんです。一昔前だったらそれだけでモデルクラスだともてはやされるような素晴らしい足でも、今では当たり前なんですよね。でも、肌の質感が綺麗な足はやっぱり最高ですよ。足って女の子によってかなり意識が分かれる部分だと思うんですよ。しっかりと手入れをしている子もいれば、ほとんど手入れをしていない子もいます。浮腫みの問題もありますので、どんな足なのかもまた、人それぞれ違うと思うんですよね。長さや太さだけではなく、肌の質感や色白なのかとか、さらには筋肉の付き方にハリ。こういったことが本当にいろいろな違いとなっているので、風俗で遊ぶ時には、どんな足の持ち主なのかということを考えるようにしています。足が綺麗な風俗嬢は、得てして全てが綺麗だと思うので、それなら実際に相当楽しめるんじゃないのかなって。

風俗に対しては快感より、むしろ感謝

風俗は快感を得られる場所だということはよく分かっていますけど、それ以上に感謝の気持ちの方が強いんですよ。それには訳があるんです。なぜなら、風俗があるという事実は、いつでも女の子と楽しめるってことを意味しているじゃないですか。自分にとって、女の子と遊ぶことはとってもハードルが高いんです。だから女の子に抜いてもらうだけじゃなく、それこそ裸を見るのだって相当ハードルが高いんですよ。じゃあ女の子と遊びたいなって思ったらどうするのかっていったら風俗ですよね(笑)それ以外に方法がないじゃないですか。もしも風俗がなかったら、欲求不満が限界突破していたことでしょう。でも風俗があるので、自分の欲求を満たすことが出来る場所が多々あるってことじゃないですか。その事実だけでもも個人的にはやっぱり嬉しいものですよね。だから風俗で遊ぶTということは、快感で気持ち良いと言うのもありますけど、それ以上に感謝の気持ちで一杯なんですよ。